naturalに。。。

chikarina.exblog.jp

** 碧道 ** ~碧い道~

a0115346_0463191.jpg

寝る前に・・・
23歳の時の作品

この時、服飾系の教員免許もいただき、指導者になるのかOLになるのか、また悩んでいました
教員の道を選んだとしても、非常勤講師。。。やはり安定とゆう道がなかったからです
この作品が出来上がった時、もう一度、同じ美術展に出展しようと思いました
ありがたいことに、二度目の入賞 嬉しかったです♪
そして、教員になることを決めました
自分も勉強しながら、先生の見本作りや、一度、社会で活躍した先輩と一緒の制作。。。
二年間は、正直ツラかったなぁ~
社会でパタンナーとして活躍していた先輩は、何でもできて気も利く・・・一方、わたしといえば、ただただ必死で、出来る先輩と比べてしまい何度か吐き気と頭痛で病院にはお世話になりました そう・・・ストレスです^^;
そんな弱い自分も知ることができ、余計に新しい世界に飛び込む勇気が出なかったのかもしれません
でも、この作品の入賞がきっかけで、少し自信がもてました
まだ、この時は芸術家への道をあきらめていなかった時期です

この作品も180cm×150cm
ジャパンブルーに憧れて、まわりを藍色に染め上げました
この時、本藍に憧れ、本物の染め粉も取り寄せたものの、あまりにも工程を重ねなければ、自分の納得いく藍にならないことを知り、本来の藍染の職人さんの凄さを実感しました

当時、美術の先生に『一竹辻が花』みたいね と言っていただき、山梨の美術館に行き、実物を見て、職人とはこうゆうものだ。。。そして歴史的としての『辻が花』を、独自の技法へと研究し、久保田一竹の名を残すのは才能だけではない並々ならない努力が必要なのだと強烈な印象として残りました
この時に 『与 勇輝』 さんの美術館にも立ち寄り、本当に丁寧で細部にまで手を抜いていない作品にも感動し、どちらの作品も、吸い込まれる感覚に、少し自分の才能のなさを感じはじめた頃でした
この時に、ほんの少し ものを作るとゆうことは精神力の強さも必要で、感動を与えていけるためには、自分が作ることを楽しまなければいけないと感じた時期でもありました

と。。。こんな自分の感じてきたことを改めて思い返し、今の自分と比べることが出来たこと・・・いい時間をもつことが出来ました♪
[PR]
by t-three-chika | 2010-06-29 01:38 | 雑貨のこと