naturalに。。。

chikarina.exblog.jp

1年が過ぎ***

a0115346_12314811.jpg

                     お気に入りのお花屋さんで
                     **チューリップまつり**がありました♪
                     チューリップバイキングで、たくさんの種類から
                     数種類選んでいたら
                     わぁ~可愛い!と、小さなチューリップの球根も
                     見つけたので、一緒に☆
                     まだ蕾がかたいのですが、とっても楽しみです♪
                     小さなピッチャーは昨年いただきました
                     最初に何を入れようかなぁ~と思っていましたが
                     この子に決定~☆
a0115346_12323442.jpg

                     そして、今日はお線香をあげに行ってきました
                     ようやく、わたしも書いておこうと思えるようになりました
                     一周忌が過ぎ、とても伺いたいと思っていました
                     生徒さんだった方ですが、ご近所の方を自宅に招いて
                     そこに、わたしが伺っていました
                     年齢からいえば、わたしは孫ぐらいでしたから
                     いつも可愛がって下さいました
                     他界される2か月ぐらい前の早朝に電話をいただきました
                     『転移してたから、手伝ってもらえる?間に合わないと思うから』
                     『一緒に頑張りましょう』そう言うのが精一杯でした
                     ガンの手術をされ約1年後でした
                     早く仕上げたら、早まってしまうような気もするし
                     複雑な気持ちで時がたち
                     おじいちゃんから『今日は教室休むから』と連絡があり
                     わたしも、覚悟をして針を進めました
                     そして、お教室を休んで2週間後
                     仕上がり、お届けしようと思った時に
                     わたしの名前を呼ぶような錯覚があり、すぐに持参しました
                     ご自宅のベッドの脇に行き『こんなふうに仕上がりました』
                     一瞬、ニコッとされて、うんうんと喜んで下さいました
                     その夜、亡くなられ
                     おじいちゃんから、告別式に作品をレイアウトして欲しいと
                     連絡がきて、ご自宅の作品を確認してみたら
                     山ほど作られたのに、残っていたのはちょうどいい作品数だけでした
                     まわりの方に殆どを差し上げ、最後にご自分の分だけを残され
                     手術後、1年でおじいちゃんに料理を教え
                     最後の作品を自分で決め
                     2週間前まで、体は怠かったと思うのに
                     自分の生きがいを全うされて
                     最期はご自分で望んでいたご自宅で家族に見守られ
                     そんな生き方を、わたしもしていけるのだろうか
                     そんな思いを1年
                     そして今日、おじいちゃんと泣いたり笑ったりしながら
                     おばあちゃんの話をし、ようやく自分の記録のように
                     書いてみようと思えました
                     これは最後の作品でした
                     これ作りたいと、選んで下さったのが、わたしのオリジナルでした
                     とても嬉しかったです
                     この作品も、ご姉妹の娘さんにと遺言を残していたようで
                     1周忌が終わり、届けられたそうです
                     わたしまで、最期まで係らせていただき
                     生き方を身をもって見せて下さり
                     こころから感謝です
                     今日は久しぶりの快晴!
                     あなたも快晴に生きていくんだよ!
                     そぉ言って下さっているような気持ちです☆




 
                     
                     
                     
                     
                     
[PR]
by t-three-chika | 2015-02-21 13:59 | 雑貨のこと