naturalに。。。

chikarina.exblog.jp

どどどどど…

昨日、今朝と長い震度4〜5の地震…余震は仕方ないものの、地響きのある地震は、もう止まって欲しいと心から思います。

少し県内の今を…
食べるものは入荷してきていますが、当然の事ながらガソリン、灯油はまだ順調ではありません。
それぞれの立場で出来る精一杯をしている…という状況でしょうか。
そんな中で追い打ちをかけられたのが農家さんです。
ニュースでご存じだと思いますが、野菜、牛乳の出荷停止になりました。
農家さんが春の出荷を楽しみに寒い冬を育てていたと思うと…悲しくなります。毎月の給与ではありませんから、この原発が落ち着かない限り、種まきも出来ないという先が見えない不安は大きいと思います。
牛乳に関しては会津は何の問題もないのに停止になってしまいました。会津も飯舘の牛乳も、とっても美味しいんですよ〜
お野菜も寒さを越えたものは甘みも出て美味しいんです!
飯舘村は農家さんが殆どです。村に行くと田んぼ、畑、山、飲める湧水…と自然に恵まれた地域です。花の生産も盛んで、とってもいい花を生産しています。『何にも悪い事してないのに…』農家さんの言葉に胸が締め付けられる思いです。
自然災害とはいえ原子力は人が生み出したもの…
どれだけ自然に感謝して生きてきたのだろうか…と自らの心にも問いかけずにはいられません。

先日、岩手の知人の安否を確認する事が出来ました。
詳しく聞くまでには至っていないのですが、津波に巻き込まれ骨折、ケガはあったものの命は助かって嬉しかったです(^-^)
その方は助かるまで寒い車で過ごし、止血の為に傷口をホチキスで止めたと…寒さ痛さ不安…想像すら出来ませ。
今、何が出来るのか…被災した私達もですが、自己の良識・常識ある判断と相手の立場になっての行動が個々に問われているのでしょうか?
今日は嬉しい事がありました(^^)
うちは漏水があったのでカーペットを敷いていたものの畳も心配でした。
駐車場に行ったら畳屋さん発見!
見て頂いたら、一人じゃ大変でしょうと言って下さって、大きな棚やテーブルを動かし、カーペットも取って下さいました。
どうしよう…と思っていただけに、とっても有り難い出来事でした。人のあたたかさが元気にさせてくれます。
今、生まれてはじめてコインランドリーに来ました。水を拭いた山ほどのタオルやクロスが仕上がるのを、わくわくしながら待機中です♪
水も自然から頂いているもの…当たり前に慣れない生活をしていかなければ!と思います。
と…今、原発のニュースで黒い煙が…との事…都内でも水道水に放射性物質が検出されたと…人が作り出したものの怖さを感じます…
原爆の被害を受けた経験者の土台を忘れていませんか?
必要以上の無駄使いをしていませんか?
そんな問いかけをされているような気がしてなりません…。
わたしは、今回の災害で冷静に…を念頭に置いているつもりですが、どうしても怒りを感じずにいられない事がひとつあります。
東京電力です!
社長会見もなく、避難施設に行ったものの、みんなは靴下で東京電力はスリッパ!履かないぐらいの小さな配慮も出来ない程の呑気な生活をしてきた現れだとしか私には思えませんでした。
本来、上に立つ者は身を低く、誰よりも配慮をはらい真剣に取り組むからこそ人は信じて付いていくのだと思うのです。
まして原子力という人命に関わる仕事をどう考えて今までしてきたのか…情けないと私は思います。
東京という国の中心を担う者…未だに先が見えず、福島だけに留まらず周辺、都内への影響にまで…そして未来までかも知れないこと…
これだけは怒りを感じずにはいられません。
[PR]
Commented at 2011-03-23 23:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by t-three-chika | 2011-03-23 17:42 | Comments(1)